カラー背景_02.jpg
  時代は今、
社会イノベーション
  求めている。
カラー背景_02_2.jpg
モノ市場、コト市場から
“豊かな関係性”市場へ

今の時代は企業にとって、既存のビジネスモデルが通用しなくなる試練の時であると同時に、過去の常識・慣習に囚われず新たな価値を生み出すことができる、絶好のチャンスでもあります。


“価格と機能による市場占有”は限界を迎え、これからは

“価値と関係性による市場共創”を追求する経営スタイルが求められます。

01

SDGs ウォッシュに陥らない
   すべての社会課題は、イシュー・リンケージ(課題の相互連携)状態にある

02

“経済課題”と“社会課題”の同時解決
   相反する課題を同時解決する最適解が必要

kankeisei001.png
社会イノベーションにおける3つのポイント

03

価値創出の鍵は「不確実のコントロール」
   曖昧で不確実なものを確実にする技術が必要

​駆動力
​技術イノベーション
技術力によるプロダクト・
プロセスの革新
​市場イノベーション
技術やモノから
市場そのものの変革へ
​駆動力
技術イノベーション.png
閉鎖性
市場イノベーション.png
解放性
​駆動力
​社会イノベーション
無形性の価値でつながる
社会全体の変革
社会イノベーション.png
関係性
企業が直面する経営課題と
移行戦略が求められる理由
sozai005.png

戦後日本は、アメリカ由来の文化や技術を改良した日本品質の創出や、業務用の技術・商品を家庭用に変換するなど、既存のパラダイム進化で利潤を生みだせる時代が続きました。そもそも、イノベーションの必要がなかったのです。しかし今、アメリカの模倣や品質・効率性の向上では戦えない時代がやってきました。
 

分かってはいるが、動けない…

大手や成功体験のある企業ほど「変えないほうが合理的」という判断に陥り、硬直化しやすいのです

カラー背景_02_2_edited.jpg
​企業の持続性向上を阻む要因
強まる環境問題・環境制約
人々の価値観・
常識の劇的変化
取引コストの増大
サプライチェーンの分断
管理コストの増大
成功体験への固執
過去の経営論の限界
ミッションの共感性・
共有価値観の劣化
sozai-08.png
自社が
抱える
要因
sozai-09.png
外的
要因
カラー背景_02.jpg
今こそ、
自社を変革し

持続可能な経営
カラー背景_01_edited.jpg
守り﹂ながら﹁攻め﹂る
「守りの意識」=目先の課題に部分最適で対処する

ESG ウォッシュ・SDGs ウォッシュに陥る危険性

社会課題を統合的に捉えた、
全体最適の新たな社会メカニズムが必要

「攻めの視点」
事業による社会イノベーションを目指す!

sozai004.png

​健全な経営

対処コストがどんどん増加する